Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
count down
qrcode
profile

LegaLog

law study journal
<< 120306-tue * main * 120308-thu >>
flower
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * -
flower
120307-wed
昨日に続いて暖かく春らしい日

  • 会社法判例百選(#76〜#80)
  • 民法判例百選1(#76〜#80)
  • 民法判例百選2(#76〜#80)
  • 旧試刑法平成4年第1問
  • 旧試刑法昭和60年第1問
  • 旧試刑法平成15年第1問
  • 旧試刑法平成20年第1問
  • 旧試刑法平成19年第1問
  • 新司刑法平成23年刑事系第1問
  • 旧試刑法昭和54年第1問
  • 憲法判例(pp43〜65)

前日よく休んだおかげで、午後には調子が戻りました。
明日からまた寒くなるらしいので、体調管理に気をつけたいと思います。
revenge * 22:55 * comments(5) * trackbacks(0)
flower
スポンサーサイト
- * 22:55 * - * -
はじめてコメント残させていただきます。
来年から法科大学院に入学する者です。
いつもブログを拝見しております。
大変な時期かと思いますが、体に気をつけてがんばってくださいね。
これからもブログを楽しみにしています。
まるお * 2012/03/08 6:09 PM
まるおさん、コメントどうもありがとうございます。
また、お気遣いいただき恐縮です。

法科大学院に入学されるとのこと、心よりお祝い申し上げます。
まるおさんの新生活が、実り多いものであることを祈念しています。

さて、新入生向けの記事として、以下のようなものを書いたことがあります。

ロースクール生の備品一覧
http://legalog.jugem.jp/?eid=152

ロースクール生の1日
http://legalog.jugem.jp/?eid=175

ご参考になれば幸いです。
alp * 2012/03/08 11:40 PM
お忙しい中、ご丁寧なメッセージをいただき、本当にありがとうございます。
教えていただきました記事、早速参考にさせていただきます。
私自身は社会人で、学生生活からはずいぶん遠ざかっていたので、こういった情報はとてもありがたいです。
大変恐縮ですが、一つ質問させてください。今のうちに過去問を見ておきたいと思っているのですが、使いやすい過去問というのはあるものでしょうか?候補としては、法学セミナーの別冊か、ぶんせき本あたりを考えております。お忙しいところ大変申し訳ありませんが、お時間のあるときに教えていただけますとありがたいです。
寒暖の差が激しいので、お体に気をつけてくださいね。
まるお * 2012/03/09 12:38 PM
まるおさん、再度コメントを下さり、どうもありがとうございます。

さて、ご質問の件ですが、結論から申し上げれば、それぞれ長所短所があるので、目的によって適切なものが異なります。

法学セミナー別冊『新司法試験の問題と解説』は、法科大学院で教員を務める先生方が解説・解答例を執筆されています。そのため、内容の信頼性・一貫性に優れるといえます。
もっとも、出版時期が出題趣旨・採点実感等が発表される前(8月)であるという関係で、趣旨を外した(問題意識の異なる)解説も、まれに見られます。
また、完全性・網羅性を期すあまり「試験で実際書くのは無理…」という解答例も多いです。

他方、「ぶんせき本」など予備校系の資料は、受験生の再現答案を元にしているので、実践的です。また、出題趣旨・採点実感等が発表されてから出版しているので、それらに対する分析も掲載されているという利点があります。
しかし、内容の正確性や一貫性(採用している見解が受験生によってばらばらなので、混乱するおそれがあります。)に欠けるという難点があります。

以上のとおりですから、過去問をもとに勉強したいなら法学セミナーの別冊、合格答案のレベルや出題趣旨への対応を知りたいならぶんせき本がよいのではないでしょうか。
alp * 2012/03/09 11:38 PM
お忙しい中、早速ご丁寧なご回答をいただき、本当にありがとうございます。
大変助かりました。
なるほど、そういった違いがあるのですね。
もう一度書店できちんと確認して、自分に合いそうなものを購入してみようと思います。
これからも、お体に気をつけてがんばってください。
ブログを楽しみにしております。
まるお * 2012/03/10 2:17 AM









http://legalog.jugem.jp/trackback/596